初心者が気をつけなければいけないこと

SNSを楽しむための心得とは

自分の身を守るために

SNSはほとんどのものが簡単に始めることができます。
ですから利用したいと思った時に、すぐ登録できます。
気軽なSNSですが、気を付けなければいけないことも多いと覚えておきましょう。
個人情報を安易に掲載しないでください。
本名や住所をさらすと、第三者に情報を知られてしまいます。
犯罪に巻き込まれるケースも見られるので、ハンドルネームを使って、住所は秘密にしておきましょう。
顔写真も、あまり載せない方がいいです。

友人の写真を、勝手に掲載するのもルール違反です。
友人が撮影した写真、友人が写っている写真は必ず許可を得てから掲載してください。
勝手にSNSに掲載すると、著作権侵害になってしまいます。
第三者が写っている写真や、撮影した写真の扱い方に気をつけてください。
他人が撮影した写真を、自分が撮影したように偽装するのは最もいけないことです。
相手に訴えられるかもしれないので、しないように心がけましょう。

SNSを利用して、たくさんの人とコミュニケーションを取りたいと考えている人がいます。
それは構いませんが、丁寧に接することを意識しましょう。初対面の相手に、いきなり馴れ馴れしく話しかけると相手に対して失礼です。
最初は、敬語を使ってください。
メッセージを送る際は、時間帯に注意しましょう。
相手が迷惑だと感じない時間帯に、メッセージを送ってください。
ルールを正しく守っていれば、SNSでたくさんの友人を作れるはずです。

SNSのルールを確認しよう

何でもSNSに載せていると、個人情報が流出します。 何をSNSに載せていいのか、調べてから使ってください。 第三者に個人情報を知られると、悪用される危険性があります。 事件に巻き込まれないためには、自分でSNSに掲載していいのか判断しなければいけません。

他人の写真を勝手に載せる行為

気軽にSNSへ、写真を掲載することができます。 頻繁に写真を投稿している人もいるでしょう。 基本的に自分が撮影した写真を、掲載するように意識してください。 他人が撮った写真には、著作権があります。 許可を得ずに他人が撮った写真を掲載することは、マナー違反です。

SNS上でコミュニケーションを取る

新しい友人を作るために、SNSを始める人が見られます。 メッセージを送り合うことで、信頼関係を築くことができるでしょう。 その時は相手に失礼な態度を取らないことや、迷惑だと思わせないように気をつけてください。 最低限のマナーを守ることで、友人を作れます。