初心者が気をつけなければいけないこと

>

どこまで情報を出していいのか

初めてSNSを使うなら、どのような情報なら掲載していいのか調べましょう。
掲載してはいけない情報もあります。
それは名前や住所などの、個人情報です。
個人情報が流出すると、他人に悪用されます。
様々な事件に巻き込まれるので、最初からSNSに書き込まないでください。
また、人に聞かれても答えないように意識しましょう。

SNSを通して、面識がない人とも仲良くなれます。
ある程度会話をしたら、本名や住所を聞かれるかもしれません。
仲良くなった人でも、教えてはいけません。
基本的にSNSを通して個人情報を聞き出そうとしている人は、みんな怪しい人だと思ってください。
そのようなことを聞かれたら、関わりを絶った方がいいです。

いろんな人が見ている

SNSで発信した情報は、世界中の人が見ていると思ってください。
全世界に発信していい情報は何なのか考えて、投稿すれば安全です。
誰も自分の投稿なんて、見ていないだろうと軽い気持ちで考えないでください
また、投稿する写真にも気をつけましょう。
自宅から見える風景をSNSに投稿したことが原因で、個人情報を特定されることがあります。

SNSでは、どんなことが原因になるかわかりません。
自分の周囲を撮影した写真を投稿することは控えてください。
中には、見られる人を限定できるSNSがあります。
個人情報の流出を防止したい人は、そのようなSNSを選択するのがおすすめです。
信頼できる知り合いにだけ見せれば、余計なトラブルは起こりません。


SNSのルールを確認しよう

この記事をシェアする