初心者が気をつけなければいけないこと

>

自分で写真を撮ってみよう

同じものを撮影して、他人の方が綺麗に撮影できた場合は、そちらを使用したいと考えるかもしれませんね。
その場合は、SNSに投稿していいか聞いてください。
許可された場合は投稿しても構いませんが、必ず誰が撮影したのか一緒に書き込みましょう。
絶対に自分が撮影したように、投稿してはいけません。
相手が著作権を侵害されると感じれば、自分が訴えられ可能性があります。

大きなトラブルに繋がるので、他人が撮影した写真の扱い方に気をつけてください。
トラブルが心配な人は、頑張って自分で撮影した方がいいと思います。
何度か撮影を繰り返せば、自然と技術は上達します。
SNSに投稿するという目的があれば、きちんと練習を継続できます。

他人の姿を掲載すること

他人の姿をSNSに投稿することで、個人情報の流出に繋がります。
絶対にやめてください。
自分が写っていない写真だから問題ないと、見逃さないでください。
もしSNSに投稿しようと思っていた写真に誰かが移り込んでしまった際は、モザイクをかけましょう。
誰が写っているのかわからない状態になれば、個人を特定されることはありません。

スマートフォンの加工アプリを使えば、簡単にスタンプで隠すことができます。
自分の個人情報異常に、他人の個人情報は大切に扱ってください。
また、他人が写っている写真も許可を得ましょう。
勝手に写真を撮ることは、盗撮に該当します。
写真を撮っていいことと、SNSに掲載していいのか聞くことを忘れないでください。


他人の写真を勝手に載せる行為

この記事をシェアする